PADI ダイブ・アゲインスト・デブリ(dive ageinst debrisとは、PADIスペシャルティの一つで、一言でいうと、「海をきれいにしましょう」という活動です。「アゲインスト」=抵抗する、「デブリ」=ゴミという意味です。このコースでは、実践を通して海洋ゴミを回収するための知識とスキルを学びます。

PADI Project AWAREのところでもお伝えしていますが、海洋ゴミは年々増え続けており、世界的に海洋汚染が深刻な問題となっています。また、海に流入するゴミのうち70%が海底に沈んでいると言われています。

この記事の内容

ダイブ・アゲインスト・デブリ(dive ageinst debris)の内容
ダイブ・アゲインスト・デブリ(dive ageinst debris)を受講するメリット
ダイブ・アゲインスト・デブリ(dive ageinst debris)の参加条件

PADI AWARE ダイブ・アゲインスト・デブリは
海洋環境保護に役立つスペシャルティ

YUMA

この写真は、実際にダイビング中に拾ってきた物です。きれいな海を知っているダイバーだからこそ海洋環境保護の必要性を実感しています。

PADIダイブ・アゲインスト・デブリ
実際の海洋ゴミ

ダイブ・アゲインスト・デブリの活動は、ゴミを回収して終わりではありません。回収したゴミの量や種類は報告することでProject AWAREによって集計され、そのデータは海を保護するための世界的な活動に生かされます。

PADI AWARE ダイブ・アゲインスト・デブリで学ぶ内容

PADI AWARE ダイブ・アゲインスト・デブリスペシャルティコースでは、海の中にはどんなゴミがあるのか、ゴミによって海洋環境にどんな影響を与えるのか、世界中でどんな活動をしているのかなどを学びます。

MIKI

きれいな海はダイバーを楽しませてくれますが、海に住む生き物たちにとっての海は生活の場です。海の生き物が健やかに過ごせるように、きれいな海を守っていきましょう!

ダイビング中に水中のゴミに気づいたことはありますか?当然のことですが、普通にダイビングをしていれば水中の景色や魚に夢中ですよね。ゴミはないことがベストですが、ゴミを拾う!という行動には意識づけも大切だと思っています。まずは海洋ゴミの現状を知り、ダイバーだからこそできることを考えてみましょう。

PADI AWARE ダイブ・アゲインスト・デブリは
こんな人におすすめ

こちらのコースは、深刻化する海洋ゴミの現状を知りたい、海洋環境保護に貢献したい、きれいな海を守りたい、そんな人におすすめのスペシャルティです。

コースを修了すると
  • 海洋ゴミの現状がわかる
  • 海洋環境保護に貢献できる
  • ダイブ・アゲインスト・デブリの活動内容がわかる
  • ゴミを拾うときのマナーや注意点がわかる
こんなダイバーにおすすめ

・海洋ゴミの現状を知りたい
・海洋環境保護に貢献したい
・きれいな海を守りたい

地球の約70%は海と言われています。しかし、それだけの割合がありながら、海の中に入ることができるのは、ダイバーだけです。ダイブ・アゲインスト・デブリは、ダイバーだからこそ貢献できる素晴らしい海洋保護活動です。私たちの手で世界中のきれいな海を守りましょう。

\ 24時間OK /
メールで問い合わせ
\ 返信が一番早い /
LINEで問い合わせ

PADI AWARE ダイブ・アゲインスト・デブリ
概要・参加条件

参加前条件PADI(ジュニア)オープン・ウォーター・ダイバーまたは相当する資格
年齢12歳以上
講習内容レクチャー&最低限海洋実習1ダイブ

PADIマスタースクーバダイバー(MSD)を目指そう!

PADIマスタースクーバダイバー(MSD)はレジャーダイバーの最高峰ランクです。さまざまな経験を積んだ証でもあり、遊びの達人でもあります。

  • 経験本数50本
  • レスキューダイバー取得
  • スペシャルティ5種以上取得

MSDは講習があるわけではなく、この条件を満たせば認定が可能です。ライセンスカードもプロレベルと同じブラックカードとなります。

他のスペシャルティについてはこちらをチェック!
\ 24時間OK /
メールで問い合わせ
\ 返信が一番早い /
LINEで問い合わせ