こんにちは!石垣島ダイビングライセンス取得カレッジMOANAのユウマです(*^^*)

今回は、『スキューバダイビングに向き不向きはあるの?』についての記事です。まだ潜ったことのない人or初心者ダイバーさん向けの記事となっています。

自分はダイビングに向いているのだろうか…?そのように考えている人は、ぜひ読んでみて下さい!

苦手なスキルは何?

誰しも苦手な事ってあると思います。ダイビングに関して言えば…

・泳ぐのが苦手
・耳抜きが苦手

などですね。または持病がある等、さまざまな不安要素があると思います。それらに対して、どのように対処していくか考察していきましょう!

泳ぐのが苦手

お客様からよくこんな言葉を聞きます。「実は泳ぐのが苦手なんです」と。

でも、安心して下さい!僕も泳ぐの苦手なんです!笑 (あ、もちろんプロとしての泳力はありますよ!)

しかし、泳ぐのが苦手だからといって、ダイビングを始めることを躊躇しているならば、ものすごく勿体無いです。

もちろん、規準に沿った基本的な泳力は見させてもらいますが、水泳のようにダイビング中に手をかき、足を思いっきりバタ足させる事などありません。

ダイビングは競技性のないスポーツ

スキューバダイビングはスピードや技術を競うスポーツではありません。自分がリラックスして泳ぐため、ゆっくり腰から下の足を動かせれば、それだけでよいのです。

もっと簡単に言えば、かる〜くバタ足ができれば、それだけで十分ということです。

耳抜きが苦手

耳抜きをご存知でしょうか?何事も無く飛行機に乗れる人ならば、ほぼ問題はないでしょう。中には耳抜きが苦手な人がいますが、これも問題ありません。

なぜなら、ほとんどの人が簡単なトレーニングで抜けるようになるからです。

オススメはオトヴェント

僕は「オトヴェント」をすすめています。鼻から空気を出し、風船を膨らますという実に簡単なトレーニング。販売サイトの評価が高いのも頷けると思います。

ただし、中耳炎など耳や鼻に持病などをお持ちの方は、医師の指示に従って使用して下さい。絶対に無理には使用しないでくださいね。

本当に息ができるの?

水中での恐怖感

水に恐怖感を抱いている人も多くいらっしゃいます。ただ、僕が見てきた生徒様で、恐怖感をなくせなかった人は1人もいません。

もちろん、指導が良いのもあるのですが(笑)、本人の水中で息ができるという意識が大きい部分もあります。器材を信用できれば、なんの問題もありません。

近年の器材はかなり信用できる

口に咥えているレギュレーター(息をする器材)はかなり信頼性が高く、もし仮に壊れても、息ができなくなるという事は、ほぼありません。もし仮に壊れた場合、フリーフローと言って空気が出続ける壊れ方をします。

その場合の対処法も講習で習いますので、あとは気持ち次第ですね!

持病がある

PADIではダイビング前に「病歴診断書」を記入してもらいます。この病歴診断書に引っかかるような病気をお持ちの方。

例えば、「過去に気胸になったことがある」とか「ヘルニアがある」とか「糖尿病である」などですね。

こちらは、お医者様で診察をうけてもらい「ダイビングに適している身体である」と医師の直筆で記入されたサインが必要です。

危険かどうかは素人ではわかりかねますので、やはりお医者様に任せるしかありません。持病がある場合は、しっかりと相談するようにしましょう。

できれば、潜水に詳しいお医者様が良いですね。「DANドクターネットワーク」に記載されているお医者様なら、ダイビングをされている方も多いので更に詳しいお話も聞けると思います。

ダイビングの向き不向き、まとめ

いかがでしたか?

スキル面・耳抜き・恐怖感・持病

この4つの側面で考察してみました。もし不安なことがあれば、ダイビングショップに直接問い合わせてみましょう!

もちろんモアナでも、不安な事があればお答えしますので、お気軽にお問い合わせくださいね^^

保存保存

保存保存